一人ひとりの道のりを大切に、あなたのサポートをします

“働きたい!”“社会に参加したい!”でも…
「働きたいけど何からしたらいいのかわからない…」
「自分はどんな仕事にむいているんだろう…」
「人と接するのが苦手だけど…」「仕事はしたことがあるけど長続きしない…」

こんな悩みを抱えていませんか?

地域若者サポートステーション事業(通称:サポステ)は、「働くこと」や「自立」について悩みや不安を抱えている若者(15歳~39歳)や、そのご家族に、社会への一歩をふみ出すサポートをする厚生労働省・鳥取県委託事業です。

自立に向けての歩みは人それぞれです。一人ひとりの“歩み”に合わせて、一緒に歩いていきたいと思います。働くことに向けてあなたの“はじめの一歩”を応援します!

 

 

まずは受付へお越し下さい

はじめに今悩んでいること、現在の状況などをお聴きし、1人ひとりの状況に合わせたサポートを提案します。その上で、ご利用を検討していただきます。
また、当所ではご要望に沿うサポートが難しい場合は、ハローワークをはじめいろいろな機関と連携していますので、当所を通じて専門機関を紹介することができます。
※秘密は厳守します。

 

次の一歩へ

自分のすすみたい道が決まり、サポートが必要なくなればサポステ卒業です。
就職後のアフターフォローも行っております。

 

ご利用について

  • 対象 15歳〜39歳の方(在学生、在職者は除く)とご家族
  • 開所日・開所時間 月曜日~土曜日(祝祭日・年末年始は除く)の10時~18時
    ※相談受付は17時まで事前にご予約いただくと、お待たせすることなくご相談をお受けすることができます。
  • 利用料 無料 ※ただし、グループワークの内容によっては参加料が必要な場合があります。